株式会社&特例有限会社の定款変更登記手続きなら!全国対応のモヨリックにお任せ!

株式会社変更手続きサポートセンター
  1. 株式会社変更手続きサポートセンター TOP
  2. サービス一覧(全国対応)
  3. 組織変更
  4. 有限会社から株式会社への組織変更手続き

株式会社変更手続きサポートセンターからのお知らせ

●手続完了の目安について:お申し込み日 / 8月17日【本日】 登記申請予定日 / 8月21日

※登記申請予定日が土日祝の場合は、その前後の平日が登記申請予定日となります。

●お客様の声を追加致しました!:株式会社トップガード様より当サイトをご利用頂いてのご感想を頂きました。

●当サイトをご利用頂く8つの安心:企業法務支援実績600社超の弊社だからできる!安心のお約束。

●士業の先生方からのご依頼について:顧問先の各種会社変更手続きも、遠慮なくお気軽にお声掛けくださいませ。

●変更手続きをより快適・ラクラクに法人実印 / ゴム印・スタンプ の作成もお任せ下さい!


有限会社から株式会社への組織変更手続き

有限会社から株式会社への組織変更手続き

自分で出来る!特例有限会社から株式会社への組織変更キットも29,800円で販売中!

自分で出来る!特例有限会社から株式会社への変更手続きキット

自分で出来る!組織変更手続きキット【特例有限会社から株式会社】

こちらのマニュアルでは、特例有限会社から株式会社への変更手続きに必要な書類一式の雛型を同梱しております。

穴埋め式ワードファイルと解説マニュアルがついていますので、一般の方でも楽々手続き完了!解散・清算を安く、確実に終えたい方の為の書式集。

詳しくはこちら:組織変更手続きキット【特例有限会社から株式会社ver.】

有限会社→株式会社への変更手続きについて

平成18年5月から有限会社の制度が廃止されたため、現在は有限会社を設立することができなくなっています。

それ以前から存在する有限会社は『特例有限会社』として存続していますが、法律上は、株式会社と同様のものとして扱われています。

現在『特例』として、制限期間がなく存続することが認められていますが、『株式会社』へ商号を変更することで、株式会社に移行することができます。

特例有限会社から株式会社への移行は、商号中に株式会社という文字を用いる定款の変更に係わる株主総会の特別決議を行った後、本店の所在地において移行の登記をすることにより効力を生じます。

株主総会の決議をした後、本店の所在地において2週間以内に、支店の所在地において3週間以内に、特例有限会社の解散登記を行い、商号変更後の株式会社についての設立の登記を同時に行わなければなりません。

また、これに併せて、商号以外の定款の内容についても変更することができます。この場合、株式会社の設立登記申請書に、変更後の登記事項を直接記載し、当該変更に係る書面をすべて添付することになります。

<同時に変更できる事項>

  • 商号の変更(「有限会社」以外の部分の商号)
  • 役員の変更
  • 役員の任期の設定
  • 事業目的の変更
  • 機関設計(取締役会、監査役の設置など)など

※ただし、本店移転(管轄外)及び支店設置、移転、廃止の登記は同時にすることはできません。

また、株式会社へ商号変更を行った場合、有限会社の法人実印(代表社印)を「株式会社」の商号が入った新しい印鑑に作り変え、法務局に届け出る必要があります。

改印の手続きは、株式会社への組織変更の手続きと同時に行うことができます。

当サポートセンターでは、法人実印(会社の届出印)の販売も行っております。
詳しくはこちらをご覧ください。→法人実印(代表者印)作成サービス

役員の任期について

有限会社は、役員の任期についての規定はありませんでしたが、株式会社には任期があります。

株式会社へ移行する際、新たに役員の任期を定める必要がありますが、その任期の起算点は『有限会社の役員に就任したとき*』からとなるため、株式会社へ移行と同時に役員の任期が満了する場合があります。

※有限会社設立当初から取締役である場合、就任年月日は登記されていません。この場合『会社成立の年月日』が起算点とされ、商号変更後も通算されることになります。

株式会社の役員の任期は、原則、取締役は2年、監査役は4年となります。株式の譲渡について制限を設ける会社(非公開会社)においては、定款で定めることにより、それぞれ最長10年まで任期を延ばすことができます。

例えば、任期を最長の10年とした場合であっても、その会社が15年前に設立されており設立時点で取締役に就任していたとすると、移行と同時に任期満了により退任することになります。

この場合、移行を決議する株主総会において、移行後の役員を選任する必要があります。

移行による株式会社設立の登記においては、登記官による職権で、取締役及び監査役の就任年月日が記録されます。

取締役又は監査役が商号変更の時に退任しない(変更前後で変わりがない)場合は、その就任年月日として、特例有限会社の登記における就任年月日が移記され、商号変更の時に就任した場合には、商号変更の登記年月日が記録されます。

株主総会議事録記載例

第○号議案 取締役2名選任の件
議長は、前号議案で承認を得た定款変更が、「会社法の施行に伴う関係法律の整備に関する法律」第46条の登記をすることによって効力が生じるときに、定款の規定により、取締役の全員が任期満了となるので、新たに取締役を選任したい旨を述べその選任方法について議場に諮ったところ、満場一致をもってこれを承認可決した。
なお、被選任者は商号変更の効力の発生を条件として、その就任を承諾した。

取締役  ○○ ○○
取締役  △△ △△

商号変更時、退任する取締役全員が移行と同時に任期満了により重任する場合は、取締役の構成に変動がないことから、定款の定めに基づく取締役の互選によって代表取締役を定めることが可能です。

これに対し、株主総会において、取締役全員が再任されなかった場合は、移行前の現在の取締役が移行後の代表取締役を予選することはできないため、移行後の株式会社の定款の附則に移行後の代表取締役の氏名を記載することになります。

<定款附則載例>

(株式会社の設立後の最初の取締役等)
附則第○条 株式会社設立後の最初の取締役は、
○○ ○○、△△ △△とする。
設立後の最初の代表取締役は、
□□県□□市□□区1丁目1番1号 ●● ●●とする。

有限会社→株式会社への変更時の注意点

特例有限会社から、株式会社に移行すること自体は、商号の変更→登記(特例有限会社の解散登記+株式会社設立登記)だけで行うことができますが、移行後の株式会社をどうのような仕組みにするのか検討する必要があります。

たとえば、

  • 機関構成をどうするか
  • 取締役会、監査役設置の有無
  • 役員の任期、人数
  • 資本金の額を増加するのか

これら移行後の株式会社について、慎重に検討する必要があります。

なお、取締役会や監査役・代表取締役の設置を任意に選択できるのは、非公開会社(全ての株式について譲渡制限がなされている会社)に限られていますので、株式の譲渡制限を設けるか否かについても、同時に検討する必要があります。

なお、この商号変更による登記申請を行った後は、有限会社に戻ることができないのは、言うまでもありません。

有限会社→株式会社への変更手続きの流れ・フロー

STEP1 『株式会社』に変更する為の定款案の作成
STEP2 株主総会の招集
STEP3 株主総会の開催(『株式会社』に変更する為の定款変更の特別議決)
STEP4 商号変更後の定款の作成
STEP5 商号変更後の法人実印(代表社印)を作成
STEP6 本店所在地を管轄する法務局への登記申請

※商号変更の手続きを行う場合は有限会社を解散し、株式会社を設立する手続きを行うため、「特例有限会社の解散登記」と「株式会社の設立登記」の2つの申請を同時に行う必要があります。

有限会社→株式会社への変更手続きに必要となる書類

  • 商号変更による株式会社設立登記申請書
  • OCR用紙(登記すべき事項)
  • 株主総会議事録
  • 商号変更後の定款
  • 就任承諾書
  • 代表取締役の印鑑証明書
  • 追加する役員の印鑑証明書
  • 印鑑(改印)届書
  • その他、登記事項に変更が生じた場合、その他定款の内容に変更が生じた場合は当該変更に係る書面を添付
  • 商号変更による解散登記申請書

有限会社→株式会社への変更登記に必要な登録免許税

特例有限会社の解散登記:30,000円

株式会社の設立登記:資本金額の1000分の1.5(30,000円に満たない場合は30,000円)

合計 60,000円

<有限会社→株式会社変更手続きサービスのご案内>

有限会社→株式会社への変更手続きサポート料金・報酬額 60,000円(税抜)
登録免許税(法定費用) 60,000円
事前にご用意いただく書類
  • 定款のコピー
  • 登記事項証明書のコピー
  • 法人印鑑証明書
  • 変更登記手続きは専門家に任せて、確実に行い方
  • とにかく急いで変更登記をしたい方
  • 面倒な書類作成や、法務局への申請は丸投げしたいというか方

弊所専門スタッフが丁寧に対応いたします。手続きに関するご相談は無料です。
まずは専門スタッフまでお気軽にご連絡ください。

サービスの流れ

【1】お客様(まずは無料相談)

お電話(フリーダイヤル:0120-976-566)または ネットでのお問い合わせ


【2】弊所(必要書類などのご案内)

今後のお手続き・サービス内容・ご準備いただく書類等をご案内いたします。


【3】弊所(打ち合わせ・書類発送)

変更事項のお打ち合わせ後、書類一式を作成、ご郵送いたします。


【4】お客様(書類へのご捺印)

書類へのご捺印とご返送(返送用封筒を同封します)をいただきます。


【5】提携司法書士(変更登記の申請)

変更登記申請書等の作成及び変更登記申請をいたします。

管轄法務局の処理期間にも依りますが、登記申請日より約3~10営業日で変更後の登記簿謄本が取得できるようになります。

法務局で登記が完了すれば変更登記完了となります。
登記完了の確認は弊所にて行い、お客様にご連絡させていただきます。

変更後の履歴事項全部証明書(登記簿謄本)を1通無料でお渡しいたします。

銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」をご存知ですか?

「売掛金」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。 利用条件は2つ。

  • 事業資金専用のサービスであること(生活費や教育ローンには利用できません)。
  • 100万円以上の売掛金が必要であること。

売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)。

※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

<スポンサードリンク>

お電話でのお問い合わせはこちらから お問い合わせ・ご相談はこちら メールでのお問い合わせはこちらから 株式会社変更手続きサポートセンターをご利用頂く8つの安心 お客様の声はこちらから 各士業の皆様へ 合同会社変更手続きサポートセンター このページの先頭に戻る
株式会社変更手続きサポートセンター
お問い合わせ・ご相談はこちら

Copyright(C)2017 MOYORIC行政書士合同事務所 All Rights Reserved.

株式会社変更手続きサポートセンター
お問い合わせはこちらから
  • トップページへ
  • サービス一覧
  • サービスの流れ
  • よくあるご質問
  • 運営者概要
  • お申し込み・お問い合わせ