株式会社&特例有限会社の定款変更登記手続きなら!全国対応のモヨリックにお任せ!

株式会社変更手続きサポートセンター
  1. 株式会社変更手続きサポートセンター TOP
  2. 取締役会を廃止する場合の手続きその1:(登録免許税はいくらになるの?)

株式会社変更手続きサポートセンターからのお知らせ

●手続完了の目安について:お申し込み日 / 5月24日【本日】 登記申請予定日 / 5月28日

※登記申請予定日が土日祝の場合は、その前後の平日が登記申請予定日となります。

●お客様の声を追加致しました!:株式会社トップガード様より当サイトをご利用頂いてのご感想を頂きました。

●当サイトをご利用頂く8つの安心:企業法務支援実績600社超の弊社だからできる!安心のお約束。

●士業の先生方からのご依頼について:顧問先の各種会社変更手続きも、遠慮なくお気軽にお声掛けくださいませ。

●変更手続きをより快適・ラクラクに法人実印 / ゴム印・スタンプ の作成もお任せ下さい!


取締役会を廃止する場合の手続きその1:(登録免許税はいくらになるの?)

皆様、こんにちは。

当コラムを見ていただいて、ありがとうございます。

さて、意外と多いご依頼、お問い合わせが『取締役会の廃止』手続きです。

新会社法施行以前は、「取締役会」の設置が義務付けられていましたが、現在は非公開会社(株式譲渡制限会社)であれば、設置義務がありません。よって「取締役会」は「廃止」することもできます。

取締役会設置会社には最低3名以上の取締役と1名以上の監査役が必要です。

取締役会設置義務が解かれたことにより、

「役員の人数を満たすために設立時には就任してもらったが、会社の現在の実情にあわせて、取締役会を廃止したい」

とのご要望が多いようです。

ここで気をつけなくてはいけないのが、取締役会の廃止に伴ってその他の手続きも発生する場合が多いということです。

1つは、監査役を設置する定めの廃止
1つは、株式の譲渡制限の定めの変更です。

取締役会廃止に伴って監査役も廃止する(監査役が辞任し誰もいなくなる)場合は、『監査役を設置する定め』も廃止しなければなりません。

また、株式の譲渡制限機関が『取締役会』となっているのを『株主総会』や『代表取締役』などに変更する必要があるのです。

これらすべてを変更する場合の登録免許税が、

・ 取締役会廃止:30,000円
・ 譲渡制限に関する規定の変更及び監査役設置の定めの廃止:30,000円
・ 役員変更:10,000円

70,000円もかかります。

もちろん定款も併せて変更する必要もありますので、一般の方にはなかなか難しい手続きではないかと思います。

弊所では、取締役会廃止手続きの経験も多数ございます。お客様のお手を煩わせることなく、手続きを代行させていただきます。まずはお気軽にご相談くださいませ。


銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」をご存知ですか?

「売掛金」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。 利用条件は2つ。

  • 事業資金専用のサービスであること(生活費や教育ローンには利用できません)。
  • 100万円以上の売掛金が必要であること。

売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)。

※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

<スポンサードリンク>

« »

お電話でのお問い合わせはこちらから お問い合わせ・ご相談はこちら メールでのお問い合わせはこちらから 株式会社変更手続きサポートセンターをご利用頂く8つの安心 お客様の声はこちらから 各士業の皆様へ 合同会社変更手続きサポートセンター このページの先頭に戻る
株式会社変更手続きサポートセンター
お問い合わせ・ご相談はこちら

Copyright(C)2017 MOYORIC行政書士合同事務所 All Rights Reserved.

株式会社変更手続きサポートセンター
お問い合わせはこちらから
  • トップページへ
  • サービス一覧
  • サービスの流れ
  • よくあるご質問
  • 運営者概要
  • お申し込み・お問い合わせ